藤堂伊賀(読み)とうどういが

精選版 日本国語大辞典「藤堂伊賀」の解説

とうどう‐いが トウダウ‥【藤堂伊賀】

〘名〙 伊賀焼の一種。江戸初期、伊賀藩主藤堂高次の時代に焼かれた炻器(せっき)質の茶陶。前藩主筒井定次の時代のものを筒井伊賀と呼ぶのに対する。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の藤堂伊賀の言及

【伊賀焼】より

須恵器系の窯技から発達したとみられるが,室町時代以前の古窯址の存在は不明である。〈古伊賀〉と呼ばれる作品は主として桃山時代のもので,古窯址は槙山(まきやま),丸柱,伊賀城内にあり,1585年(天正13)に筒井定次,1608年(慶長13)に藤堂高虎が領主として入部してからは,俗に〈筒井伊賀〉とか〈藤堂伊賀〉とも呼ばれた。しかし両者の作風の相違は判然とせず,作為の強い織部好みのものを特徴としている。…

※「藤堂伊賀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android