藤木久志(読み)ふじき ひさし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤木久志 ふじき-ひさし

1933- 昭和後期-平成時代の日本史学者。
昭和8年10月27日生まれ。聖心女子大助教授などをへて,昭和50年立大教授となる。戦国から織豊時代村落を中心に研究。新潟県出身。新潟大卒。著作に「戦国社会史論」「豊臣平和令と戦国社会」「村と領主の戦国世界」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤木久志の関連情報