コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤江梅軒 ふじえ ばいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤江梅軒 ふじえ-ばいけん

1758-1823 江戸時代中期-後期の儒者。
宝暦8年10月19日生まれ。藤江竜山の子。播磨(はりま)(兵庫県)竜野(たつの)藩の江戸藩校敬楽(けいごう)館の教授をつとめた。文政6年8月17日死去。66歳。播磨出身。名は惟孝。字(あざな)は克施。通称は貞蔵。別号に岱山(たいざん)。著作に「梅軒瑣言(さげん)」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

藤江梅軒 (ふじえばいけん)

生年月日:1758年10月19日
江戸時代中期;後期の播磨竜野藩士;儒学者
1823年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

藤江梅軒の関連キーワード生年月日藤江岱山儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android