コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤波の フジナミノ

デジタル大辞泉の解説

ふじなみ‐の〔ふぢなみ‐〕【藤波の】

[枕]
藤のつるが物にからみつく意から、「思ひもとほり」にかかる。
「―思ひもとほり若草の思ひつきにし」〈・三二四八〉
波に関する意から、「たつ」「よる」にかかる。
「―たちもかへらで君とまれとか」〈後撰・春下〉
[補説]「並(な)み」を引き出す序詞の一部としても用いる。
「み吉野の大川野辺の藤波の並に思はばわが恋ひめやは」〈古今・恋四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

藤波のの関連キーワード打ち過ぎる・打過ぎる打過ぎる稲妻表紙何どかめやは若草の思ほす羽触れ扱きるフジ船元末紫沈く

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

藤波のの関連情報