コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤田民次郎 ふじた たみじろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤田民次郎 ふじた-たみじろう

?-1813 江戸時代後期の一揆(いっき)指導者。
陸奥(むつ)津軽郡(青森県)鬼沢村の農民。弘前(ひろさき)藩の松前出兵による増税と冷害がかさなり,文化10年約2000人の農民が弘前城におしかけ強訴した(民次郎一揆)。減免の願いはとおったが,民次郎は首謀者として,同年11月26日斬首(ざんしゅ)された。22歳とも25歳ともいう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

藤田民次郎の関連キーワード津軽寧親

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android