コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘前城 ひろさきじょう

5件 の用語解説(弘前城の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘前城
ひろさきじょう

別名,鷹ヶ丘城。青森県弘前市にある平山城。津軽氏の居城。初め津軽為信によって築城が計画され,その子信枚 (のぶひら) によって慶長 16 (1611) 年完成。規模は,本丸,7つの郭,天守閣,7つの櫓 (やぐら) ,12の城門から成り,3重の堀をめぐらし,東西 612m,南北 947mもあった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ひろさき‐じょう〔‐ジヤウ〕【弘前城】

青森県弘前市にある旧津軽藩の城。慶長16年(1611)津軽信牧(つがるのぶひら)が築城。のち、雷火で焼失。現存の天守閣は文化7年(1810)完成。また、櫓(やぐら)三つ、城門五つが現存。桜の名所として有名。鷹岡城。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

弘前城【ひろさきじょう】

青森県弘前市下白銀町にある城。弘前藩津軽氏の居城。慶長年間(1596年―1615年)の築城だが,1627年に天守を焼失,1810年に本丸の南東隅に3層の櫓(やぐら)を作り天守とした。
→関連項目大手門長勝寺弘前[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の城がわかる事典の解説

ひろさきじょう【弘前城】

青森県弘前市に残されている梯郭(ていかく)式の平山城(ひらやまじろ)。国指定史跡。日本城郭協会選定による「日本100名城」の一つ。3重の濠と土塁に囲まれた約50万m2の敷地に、江戸時代に建造された3重3階の独立天守や櫓(やぐら)や門などが現存しており、3層の天守閣、櫓3棟、城門5棟が残され、いずれも国の重要文化財に指定されている。この城は、津軽統一を成し遂げた戦国武将の津軽為信(大浦為信)が1603年(慶長8)に、4万7000石の弘前藩の中心となる城として築城を開始し、死後の1611年(慶長16)に完成した。以後、藩主津軽氏の居城、弘前藩の政庁として廃藩に至るまでの260年間、藩政の中心となった。当初、5層の天守閣が2代藩主信枚(のぶひら)により建造されたが、1627年(寛永4)に落雷で焼失し、現在残っている3層の天守は9代藩主寧親(やすちか)が1810年(文化7)に再建したものである。また、弘前城を中心とした一帯は弘前公園となっており、桜の名所として全国的に知られる。天守閣は津軽藩政時代の歴史資料を展示する弘前城史料館となっている。JR弘前駅前からバスで市役所前公園入口あるいは文化センター前下車後、いずれも徒歩10分。◇鷹岡(たかおか)城、高岡城ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘前城
ひろさきじょう

江戸期の城。青森県弘前市弘前公園にある。戦国末期、大浦(おおうら)城、堀越(ほりこし)城を根拠として津軽地方を平定した津軽為信(ためのぶ)は、関ヶ原の戦いによって地歩を固め、高岡(弘前の旧名)への移転を計画したが途中で没した。その遺志を継いだ三男の信牧(のぶひら)が1610年(慶長15)に着工し、翌年完成させている。城の周囲は西を岩木川、東を土淵(つちぶち)川が流れ、東西615メートル、南北950メートルで約48万平方メートルの広大な地域に本丸以下七つの曲輪(くるわ)を配し、天守閣をはじめ、櫓(やぐら)8、城門12で固める大掛りな城であった。高岡を弘前に改称したのは1628年(寛永5)といわれる。津軽氏が幕末まで世襲した。1627年五層の天守閣に落雷を受け焼失し、しばらくそのままであったが、1810年(文化7)三層櫓を改築して天守閣とした。これが現存の天守閣であるが、ほかに辰巳(たつみ)櫓、未申(ひつじさる)櫓、丑寅(うしとら)櫓、大手門、南内門、東内門、東門、北門(別名亀甲(きっこう)門)が残る。本丸、二の丸、三の丸、北の丸の塁濠(るいごう)はほとんど往時のままで貴重である。[小和田哲男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の弘前城の言及

【弘前[市]】より

…秋田県境に源を発する岩木川が市街地の西部を北流し,支流の土淵川が市街地を貫流している。市街地は洪積台地の末端に築かれた弘前城を中心として台地上に展開し,一部は沖積平野にもおよんでいる。弘前藩2代藩主津軽信枚(のぶひら)が築城してから城下町として発展し,津軽地方の政治・経済・軍事の中心となってきた。…

※「弘前城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

弘前城の関連キーワード青森県弘前市新町青森県弘前市鬼沢青森県弘前市昴青森県弘前市田町青森県弘前市土手町青森県弘前市藤沢青森県弘前市藤代青森県弘前市宮舘青森県弘前市三和青森県弘前市賀田

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

弘前城の関連情報