コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤谷為賢 ふじがやつ ためかた

美術人名辞典の解説

藤谷為賢

江戸前期の公卿。権大納言冷泉為満の次男。藤谷家の祖。民部卿、参議を経て、従二位、権中納言に至る。冷泉家流の註釈『古今鈔』を曼殊院良恕親王に授けた。承応2年(1653)歿、61才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤谷為賢 ふじたに-ためかた

1593-1653 江戸時代前期の公卿(くぎょう)。
文禄(ぶんろく)2年8月13日生まれ。冷泉為満(れいぜい-ためみつ)の次男,為頼(ためより)の弟。藤谷家の祖。寛永15年参議となる。従二位,権(ごんの)中納言にすすむ。承応(じょうおう)2年7月11日死去。61歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone