コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座る ゴザル

2件 の用語解説(御座るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ござ・る【御座る】

[動ラ四]《四段動詞「ござある」の連体形「ござある」の音変化》
「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「お奏者はどこもとに―・るぞ」〈虎明狂・餅酒〉
「ある」の意の尊敬語。おありになる。
「茗荷(めうが)をこし召さぬほどに、御失念は―・るまい」〈虎清狂・鈍根草〉
「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「いや、誰ぞと存じたれば、やれやれようこそ―・ったれ」〈虎清狂・禁野
「ある」の意の丁寧語。あります。ございます。
「奏聞申サウズル事ガ―・ル」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
正常な状態でなくなる。
㋐恋をする。ほれる。
「内儀は―・ったふりしてしなだれかかれば」〈浮・夫婦気質・下〉
㋑食べ物が腐る。
「この魚はちと―・った目もとだ」〈滑・膝栗毛・初〉
㋒(「腹がござる」の形で)腹が減る。
「なんと、腹が少し、―・ったぢゃあねえか」〈滑・膝栗毛・四〉
(補助動詞)補助動詞「ある」「いる」の意の丁寧語。…でございます。…ております。
「おざれ事で―・らう」〈虎清狂・鈍根草〉
[補説]室町時代から江戸時代までは広く用いられたが、否定形には室町時代には「ござない」が、江戸時代では「ござらぬ」が使われた。また、江戸時代に入ると「まする」「ます」を伴う形がしだいに一般化し、現代では特殊な場合を除いて「ございます」の形が普通になった。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ござる【御座る】

( 動四 ) 〔「ござある」の転。中世後期以降の語。用法の広い待遇語で、尊敬語にも丁寧語にも用いられる〕
「ある」「いる」の意の尊敬語。 「いつも同道いたす人が-・る/狂言・福の神」 「寺に-・るをよう知つて直ぐに仕かける不敵者/浄瑠璃・菅原」
「行く」「来る」の意の尊敬語。 「おまへどこへ-・る/咄本・鹿の子餅」
「ある」「いる」の意の丁寧語。 「仰せられたごとくに、両に皮が-・る/狂言・張蛸」
食べ物が腐る。 「 - ・つたは目元で知れる生肴/柳多留 105
ある人を恋慕する。ほれる。 「いふにいはれぬ舞台子風に相手のおいらんよつぽど-・つたやうすにて/洒落本・福神粋語録」
腹がすく。 「腹がすこし-・つたぢやあねえか/滑稽本・膝栗毛 4
(補助動詞)
「ある」「いる」の意の尊敬語。 「天下にありとあらゆる事ども、余さず漏さず知つて-・る丞相様/浄瑠璃・菅原」
「ある」の意の丁寧語。 「是は此あたりに住居する者で-・る/狂言・連歌毘沙門」 〔「ござる」の打ち消しの形として、中世後期には「ござない」、近世には「ござらぬ」が用いられた〕

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御座るの関連キーワード或る有るまじき往にし御座候ふごさんめれ過ぐるなのでなのに有りける有るべき

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御座るの関連情報