コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御座る ゴザル

2件 の用語解説(御座るの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ござ・る【御座る】

[動ラ四]《四段動詞「ござある」の連体形「ござある」の音変化》
「いる」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「お奏者はどこもとに―・るぞ」〈虎明狂・餅酒〉
「ある」の意の尊敬語。おありになる。
「茗荷(めうが)をこし召さぬほどに、御失念は―・るまい」〈虎清狂・鈍根草〉
「行く」「来る」の意の尊敬語。いらっしゃる。おいでになる。
「いや、誰ぞと存じたれば、やれやれようこそ―・ったれ」〈虎清狂・禁野
「ある」の意の丁寧語。あります。ございます。
「奏聞申サウズル事ガ―・ル」〈天草本伊曽保・イソポが生涯〉
正常な状態でなくなる。
㋐恋をする。ほれる。
「内儀は―・ったふりしてしなだれかかれば」〈浮・夫婦気質・下〉
㋑食べ物が腐る。
「この魚はちと―・った目もとだ」〈滑・膝栗毛・初〉
㋒(「腹がござる」の形で)腹が減る。
「なんと、腹が少し、―・ったぢゃあねえか」〈滑・膝栗毛・四〉
(補助動詞)補助動詞「ある」「いる」の意の丁寧語。…でございます。…ております。
「おざれ事で―・らう」〈虎清狂・鈍根草〉
[補説]室町時代から江戸時代までは広く用いられたが、否定形には室町時代には「ござない」が、江戸時代では「ござらぬ」が使われた。また、江戸時代に入ると「まする」「ます」を伴う形がしだいに一般化し、現代では特殊な場合を除いて「ございます」の形が普通になった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ござる【御座る】

( 動四 ) 〔「ござある」の転。中世後期以降の語。用法の広い待遇語で、尊敬語にも丁寧語にも用いられる〕
「ある」「いる」の意の尊敬語。 「いつも同道いたす人が-・る/狂言・福の神」 「寺に-・るをよう知つて直ぐに仕かける不敵者/浄瑠璃・菅原」
「行く」「来る」の意の尊敬語。 「おまへどこへ-・る/咄本・鹿の子餅」
「ある」「いる」の意の丁寧語。 「仰せられたごとくに、両に皮が-・る/狂言・張蛸」
食べ物が腐る。 「 - ・つたは目元で知れる生肴/柳多留 105
ある人を恋慕する。ほれる。 「いふにいはれぬ舞台子風に相手のおいらんよつぽど-・つたやうすにて/洒落本・福神粋語録」
腹がすく。 「腹がすこし-・つたぢやあねえか/滑稽本・膝栗毛 4
(補助動詞)
「ある」「いる」の意の尊敬語。 「天下にありとあらゆる事ども、余さず漏さず知つて-・る丞相様/浄瑠璃・菅原」
「ある」の意の丁寧語。 「是は此あたりに住居する者で-・る/狂言・連歌毘沙門」 〔「ござる」の打ち消しの形として、中世後期には「ござない」、近世には「ござらぬ」が用いられた〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

御座るの関連情報