コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結負制 けっぷせい

1件 の用語解説(結負制の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

けっぷせい【結負制】

朝鮮独特の土地面積表示法。起源は,人間の手で一握りの量の穀物を租税として負担すべき広さの土地を1把の土地とし,10把を1束,10束を1負,100負を1結としたことに始まると思われる。三国時代から1918年までの長い期間使用されたが,その内容は時代により異なる。各時代の結負制の理解については異論が多いが,通説では次の4期に分ける。(1)〈結=頃〉時代(高麗中期まで) 結・負が中国の面積単位たる頃・畝と同義のものとして用いられていた時代で,結・負が土地の絶対面積を表した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

結負制の関連キーワード貫高容積率御当地地面地面持可住地宅地等比率可住地面積経営耕地面積耕地率林野率

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone