コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結負制 けっぷせい

世界大百科事典 第2版の解説

けっぷせい【結負制】

朝鮮独特の土地面積表示法。起源は,人間の手で一握りの量の穀物租税として負担すべき広さの土地を1把の土地とし,10把を1束,10束を1負,100負を1としたことに始まると思われる。三国時代から1918年までの長い期間使用されたが,その内容は時代により異なる。各時代の結負制の理解については異論が多いが,通説では次の4期に分ける。(1)〈結=頃〉時代(高麗中期まで) 結・負が中国の面積単位たる頃・同義のものとして用いられていた時代で,結・負が土地の絶対面積を表した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

結負制の関連キーワード科田法朝鮮三政

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android