コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤間 勘十郎(6代目) フジマ カンジュウロウ

1件 の用語解説(藤間 勘十郎(6代目)の意味・用語解説を検索)

20世紀日本人名事典の解説

藤間 勘十郎(6代目)
フジマ カンジュウロウ

大正・昭和期の日本舞踊家 藤間流宗家(6代目)。



生年
明治33(1900)年10月8日

没年
平成2(1990)年12月5日

出生地
東京

本名
藤間 秀雄

別名
歌舞伎俳優名=尾上 梅雄,後名=藤間 勘祖(2代目)(フジマ カンソ)

主な受賞名〔年〕
毎日演劇賞〔昭和29年〕,紫綬褒章〔昭和32年〕,舞踊芸術賞〔昭和35年〕,毎日芸術賞〔昭和36年〕,舞踊ペンクラブ賞〔昭和37年〕,日本芸術院賞〔昭和37年〕,勲三等瑞宝章〔昭和46年〕,文化功労者〔昭和54年〕,文化勲章〔昭和57年〕

経歴
8歳の時、6代目尾上梅幸に入門し歌舞伎役者となり尾上梅雄を名のる。大正4年16歳の時、踊りの才能を見込まれ、藤間流宗家5代目勘十郎の養子に。昭和2年6代目勘十郎を襲名。古典舞踊を極めると同時に、歌舞伎舞踊の振付師としても活躍。舞踊家としては素踊りに徹し、典雅で品位ある踊りをみせた。代表作に「佐野源左衛門常世」「卒都婆小町」など。歌舞伎舞踊の振付では6代目菊五郎と共同の「藤娘」「うかれ坊主」が有名。平成2年長女の高子(初代康詞)に7代目勘十郎を譲り、2代目勘祖に改名。人間国宝芸術院会員に加え、57年文化勲章を受章。19年に藤間紫と結婚したが、61年離婚。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone