藪雨(読み)ヤブサメ

精選版 日本国語大辞典の解説

やぶ‐さめ【藪雨】

〘名〙 ウグイス科小鳥。全長約一〇センチメートル。小形で尾が短く、一見ミソサザイに似ている。背面は暗褐色、腹面は黄白色を帯び、顔にある淡色の眉斑が目立つ。渓流付近の藪やにすみ、五、六月頃地上やの根もとなどに営巣。シシシシシとのような声で鳴き、藪に小雨が降るようだというところからこの名がある。日本では屋久島以北で繁殖し、冬は東南アジアへ渡る。しおさざい。かわりうぐいす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android