コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆塚忠右衛門 あしづか ちゅうえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘆塚忠右衛門 あしづか-ちゅうえもん

?-1638? 江戸時代前期の武士。
キリシタン大名有馬晴信(はるのぶ)の旧臣小西行長につかえたともいう。寛永14年(1637)島原の乱がおこると,農民軍指導者のひとりとして原城への籠城(ろうじょう)を提案。翌年2月27日落城のさい自害したという。天正(てんしょう)6年生まれとも,16年生まれとも。姓は足塚,芦塚ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蘆塚忠右衛門の関連キーワード会津玄察

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android