コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鷹筑波集 たかつくばしゅう

世界大百科事典 第2版の解説

たかつくばしゅう【鷹筑波集】

俳諧撰集。西武(さいむ)編。1642年(寛永19)。1638年貞徳序。5巻。書名は《犬筑波(いぬつくば)集》に対するもの。貞徳が30年来批点を施した発句付句(つけく)を西武に編集せしめた書で,貞徳直門の俳人300余が名を連ね,事実上本書が貞門の第1撰集である。四季別分類法をとらず完成を急いだ様子がうかがわれるのは,1638年序・45年(正保2)刊の重頼撰《毛吹草(けふきぐさ)》との先陣争いによるか。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鷹筑波集の関連キーワード鶏冠井令徳山本西武回り灯籠末吉道節

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android