コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆溝橋 ろこうきょうLú gōu qiáo

世界大百科事典 第2版の解説

ろこうきょう【蘆溝橋 Lú gōu qiáo】

中国,北京市南西郊の蘆溝河(桑乾河)に架かる橋。金の中都に至る要道として1189年(大定29)に建設が始まり92年(明昌3)に完成した。以来,明・清時代にたび重なる修理を経ている。全長266.5m,11本のアーチからなる石橋で,両岸に各一対立つ華表(かひよう)や欄干(らんかん)の大小の獅子浮彫などの石彫がすぐれ,歴代の詩人たちによって〈卧虹千尺〉〈蒼竜北峙飛雲低〉とうたわれた。またマルコ・ポーロは〈カンバリク(元の大都すなわち北京)の美しい石橋〉とその著《東方見聞録》に記録している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蘆溝橋の関連キーワード中国人民解放軍盧溝橋・蘆溝橋松井 太久郎クレーギー香月 清司河辺 正三蘆溝橋事件盧溝橋事件谷 寿夫石原莞爾満州事変内閣参議通州事件郭沫若宋哲元盧溝橋

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android