コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘆溝橋 ろこうきょう Lú gōu qiáo

1件 の用語解説(蘆溝橋の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろこうきょう【蘆溝橋 Lú gōu qiáo】

中国,北京市南西郊の蘆溝河(桑乾河)に架かる橋。金の中都に至る要道として1189年(大定29)に建設が始まり92年(明昌3)に完成した。以来,明・清時代にたび重なる修理を経ている。全長266.5m,11本のアーチからなる石橋で,両岸に各一対立つ華表(かひよう)や欄干(らんかん)の大小の獅子浮彫などの石彫がすぐれ,歴代の詩人たちによって〈卧虹千尺〉〈蒼竜北峙飛雲低〉とうたわれた。またマルコポーロは〈カンバリク(元の大都すなわち北京)の美しい石橋〉とその著《東方見聞録》に記録している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蘆溝橋の関連キーワード永定河丁玲盧溝橋事件安陽西郊中南海周口店房山陳希同事件北京市の区・県人民代表選挙

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone