コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇定方 そていほう Sū Dìng fāng

1件 の用語解説(蘇定方の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そていほう【蘇定方 Sū Dìng fāng】

592‐667
中国,唐の武将。字は定方。冀州武邑(河北省)の人。貞観(627‐649)ころより突厥,高句麗への外征や西突厥の叛臣の阿史那賀魯の討伐で功をあげた。660年(顕慶5)高宗のとき,左武衛大将軍として新羅の要請をうけ,水軍を率いて百済の義慈王らを泗沘,熊津両城に陥れ,滅ぼした。翌661年(竜朔1),遼東道行軍大総管として高句麗に進撃,8月平壌城を囲んだ。帰国後涼州安集大使として吐蕃(とばん),吐谷渾(とよくこん)を平定。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

蘇定方の関連キーワード項羽高仙芝謝玄張説李賀勘定方三武一宗唐の紙唐の綺唐の土

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

蘇定方の関連情報