コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘇我田口川堀 そがのたぐちの かわほり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蘇我田口川堀 そがのたぐちの-かわほり

?-? 飛鳥(あすか)時代の豪族。
大和高市(たけち)((たかいち))郡田口村(奈良県橿原(かしはら)市)に居住。大化(たいか)元年(645)吉備笠垂(きびのかさの-しだる)により,古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子の謀反計画にくわわっていると密告された。古人大兄は中大兄(なかのおおえの)皇子(天智(てんじ)天皇)の兵に殺され,共謀の朴市秦田来津(えちのはたの-たくつ)は中大兄に重用されたが,川堀の消息は不明。謀反計画の真相も不詳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android