コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉備笠垂 きびのかさの しだる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉備笠垂 きびのかさの-しだる

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
大化(たいか)元年(645)古人大兄(ふるひとのおおえの)皇子,蘇我田口川堀(かわほり)らと謀反を計画したが,それを中大兄(なかのおおえの)皇子(天智(てんじ)天皇)に密告,古人大兄は中大兄に討たれた。その功により田20haをあたえられた。名は志太留ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

吉備笠垂の関連キーワード古人大兄皇子笠垂

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android