コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

うんskandha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


うん
skandha

仏教用語。積み集められたものの意。つくられたものの総称。存在するものの性質側面を5つの面からみた五蘊として用いられる。古くは「陰」とも訳された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

蘊の関連キーワード岩佐又兵衛二階堂貞藤近藤西涯三井飯山上柳四明永田善斎虚堂智愚松平乗保佐藤泰然立花玉蘭黄檗悦山改【き】松田亀玉林述斎葉夢得十住心龐居士恵林寺羅振玉瑞泉寺

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蘊の関連情報