水雲(読み)スイウン

  • もずく〔もづく〕
  • モゾコ)
  • 水=雲/海=蘊
  • 水雲 (モズク・モゾク

デジタル大辞泉の解説

水と雲。転じて、大自然。雲水。
流れる水や行く雲のように漂泊し、行脚(あんぎゃ)すること。また、その僧。雲水。「水雲
モズク科の褐藻。静かな内湾のホンダワラ類に着生し、春から初夏にかけ繁茂。茶色で柔らかく、糸状で、よく分枝して房のように見え、ぬるぬるしている。酢の物にして賞味。もぞく。もくず。もぞこ。 春》「汐鳴のこひしさに買ふ―かな/青畝

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

学名:Nemacystus decipiens
植物。モズク科の褐藻

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 水と雲。雲水。また転じて、大自然。
※空華集(1359‐68頃)一九・一無二住清見江湖疏「放開線路、且聴水雲往来」 〔王昌齢‐巴陵送李十二詩〕
② 水や雲のようにとどまることなく行脚(あんぎゃ)すること。また、行脚の僧。雲水。
※東海一漚集(1375頃)二・江湖請大喜住浄玅疏「水雲生計、久錬精比神丹
※俳諧・鹿島紀行(1687)「ともなふ人ふたり、浪客の士ひとり、ひとりは水雲の僧」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android