コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

水雲 スイウン

デジタル大辞泉の解説

すい‐うん【水雲】

水と雲。転じて、大自然。雲水。
流れる水や行く雲のように漂泊し、行脚(あんぎゃ)すること。また、その僧。雲水。「水雲の僧」

もずく〔もづく〕【水雲/海蘊】

モズク科の褐藻。静かな内湾のホンダワラ類に着生し、春から初夏にかけ繁茂。茶色で柔らかく、糸状で、よく分枝して房のように見え、ぬるぬるしている。酢の物にして賞味。もぞく。もくず。もぞこ。 春》「汐鳴のこひしさに買ふ―かな/青畝

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

水雲 (モズク・モゾク;モゾコ)

学名:Nemacystus decipiens
植物。モズク科の褐藻

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

水雲の関連キーワード清草舎 英昌(2代目)板倉勝尚(1)錦城斎 貞玉大和田建樹酢屋道全福原承明宮内嘉雄河田迪斎宮本茶村香川宣阿神道伝授本間凌山上田公長土壌鉱物村上作夫新間雲屏絹雲母崔済愚蒋春霖薄墨紙

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

水雲の関連情報