コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蘊蓄/薀蓄 ウンチク

デジタル大辞泉の解説

うん‐ちく【×蘊蓄/×薀蓄】

[名](スル)《「蘊」「薀」とも、たくわえる意》
蓄えた深い学問や知識。「東西の古典に―が深い」
物を積み、蓄えておくこと。
「以て余力を―すべし」〈東海散士佳人之奇遇

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

蘊蓄/薀蓄の関連キーワード畜・竹・筑・築・蓄・逐云・吽・暈・蘊・運・雲蘊蓄・薀蓄松岡恕庵京極夏彦奥泉光傾けるすし暢達

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android