蘿蔔草(読み)スズシロソウ

大辞林 第三版の解説

すずしろそう【蘿蔔草】

アブラナ科の多年草。暖地の山地に自生。茎は高さ約15センチメートル。根葉は叢生そうせいし、長楕円形。四、五月、頂にダイコンの花に似た白色四弁花を総状につける。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

すずしろ‐そう ‥サウ【蘿蔔草】

〘名〙 アブラナ科の多年草。本州の近畿以西、四国、九州の山地の渓間や岩上に生える。高さ一〇~二五センチメートル。茎・葉ともに細毛を密布。茎は長い匍匐(ほふく)枝を出す。根葉は長柄を持ち群がって生え、長さ三~七センチメートルの楕円状へら形で縁にあらい鋸歯(きょし)がある。茎葉はふつう無柄。早春、茎頂に白い十字形花が数個咲く。果実は長さ約三センチメートルの線形で種子には狭い翼がある。ダイコンに花の形が似ているところからいう。〔物品識名(1809)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android