コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

虎岩道説 とらいわ どうせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

虎岩道説 とらいわ-どうせつ

1628-1725 江戸時代前期-中期の医師。
寛永5年生まれ。父虎岩頼直(寂庵)の跡をつぎ,寛文3年陸奥(むつ)仙台藩主伊達綱村の侍医となる。享保(きょうほう)10年11月死去。98歳。名は玄乙。字(あざな)は忍性。号は塞馬(さいば)。著作に「仙台人物志」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

虎岩道説の関連キーワード虎岩八弥

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android