コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忍性 にんしょう

8件 の用語解説(忍性の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忍性
にんしょう

[生]建保5(1217).7.16. 大和
[没]嘉元1(1303).7.12. 鎌倉
鎌倉時代真言律宗の僧。字は良観。延応1 (1239) 年,奈良の西大寺叡尊に謁し受戒し,翌年,叡尊を師として出家。北条時頼,重時らに請じられ,文永4 (67) 年には,鎌倉極楽寺開山になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんしょう〔ニンシヤウ〕【忍性】

[1217~1303]鎌倉時代の真言律宗の僧。大和の人。字(あざな)は良観。叡尊(えいぞん)・覚盛(かくじょう)に師事。鎌倉に極楽寺を開創。道路・橋梁の建設や貧民救済など社会事業に尽くした。忍性菩薩(ぼさつ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

忍性【にんしょう】

鎌倉時代の律宗の僧。字は良観,俗姓は伴(とも)氏。大和(やまと)国磯城(しき)の人。若くして出家し,東大寺叡尊(えいぞん)・覚盛(かくじょう)について戒律の学を修め,律宗復興の先駆となった。
→関連項目飯島関鎌倉仏教東征伝絵巻和賀江島

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忍性 にんしょう

1217-1303 鎌倉時代の僧。
建保(けんぽ)5年7月16日生まれ。真言律宗。大和(奈良県)額安寺で出家,覚盛(かくじょう),叡尊(えいそん)にまなぶ。鎌倉の光泉寺,極楽寺を創建。永仁(えいにん)2年四天王寺別当となり,敬田院など四院を再興,救貧,施療につくした。道路の修築や架橋など社会事業もおこなった。医王如来,生身如来とよばれた。乾元(けんげん)2年7月12日死去。87歳。大和出身。俗姓は伴。字(あざな)は良観。諡号(しごう)は忍性菩薩(ぼさつ)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

忍性

没年:嘉元1.7.12(1303.8.25)
生年:建保5.7.16(1217.8.19)
鎌倉時代の律宗の僧。鎌倉極楽寺の開山長老。字は良観房。大和国(奈良県)の人。伴貞行と母榎氏の子。幼少より母の影響で文殊信仰を学び,16歳に母の死を契機として出家を決意,額安寺,安倍文殊院,生駒山竹林寺などで文殊信仰の修行をした。延応1(1239)年,23歳で西大寺叡尊と出会い,戒を受けてその弟子となった。彼は亡母の解脱のため,大和国の非人宿に文殊菩薩の図像を安置することを念願としており,以後,忍性のこの文殊信仰が西大寺流律宗に取り入れられて,非人を文殊菩薩の化身とみなす西大寺流律宗の非人救済運動が展開されることとなった。忍性も癩(ハンセン病)のため足腰の立たなくなった奈良坂の非人を,毎日奈良の市まで背負って送り迎えし,乞食で生計が成り立つようにするなど,非人救済に奔走した。 その一方で律書の整備にも努め,建長4(1252)年,36歳で律宗の東国布教をめざして関東に下向し,常陸(茨城県)三村寺に住した。弘長2(1262)年,師叡尊の鎌倉下向に際しての活動で忍性も幕府の北条氏の信頼を得,多宝寺を経て,文永4(1267)年,生涯の活動の拠点となる極楽寺に住した。以後,鎌倉にあって非人救済,作道(極楽寺坂),殺生禁断(鎌倉前浜)などの慈善事業に努めた。彼が鎌倉に建立した療病施設・桑谷療病所では,20年間に生きる者4万6800人,死んだ者1万450人で,5分の4が生きたといわれている。彼の慈善事業は鎌倉和賀江島の津の修築のため升米を取り,桑谷療病所の費用として土佐国(高知県)大忍荘を北条時宗から寄進されるなど,幕府の交通政策や慈善事業政策を代行する体制補完的な役割も果たした。その勧進活動における事業家的な能力が買われて,東大寺大勧進,四天王寺別当,摂津多田院別当なども歴任し,多くの寺社の勧進・復興活動も成し遂げた。<参考文献>和島芳男『叡尊・忍性』

(細川涼一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

にんしょう【忍性】

1217‐1303(建保5‐嘉元1)
鎌倉時代の西大寺流律宗の僧。字は良観。大和国の人。俗姓は伴氏。幼年より母の影響で文殊信仰を学び,16歳のおり,母の死に際して仏門に入ることを決心。額安寺・安倍文殊院・生駒山竹林寺で修行をした。1239年(延応1)23歳で叡尊と出会って戒を受けその弟子となった。これ以降,律僧として戒律の復興に努める一方,文殊信仰にもとづく非人・癩患者救済に奔走した。52年(建長4)36歳で律宗の東国布教をめざして関東に下向,常陸三村寺に住した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

にんしょう【忍性】

1217~1303) 鎌倉末期の律宗の僧。字あざなは良観。大和の人。叡尊えいそん・覚盛に師事。鎌倉に光泉寺・極楽寺を開く。道路や橋梁を設けたり、各地に悲田院や施薬院を建てたりして、社会福祉事業に貢献した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

忍性
にんしょう
(1217―1303)

鎌倉後期の律僧、社会事業家。房号は良観(りょうかん)。伴貞行(とものさだゆき)の子として、大和(やまと)国(奈良県)城下(きのしも)郡屏風里(びょうぶのさと)に生まれる。幼時、信貴山(しぎさん)に参詣(さんけい)し、深く文殊菩薩(もんじゅぼさつ)に帰依(きえ)する。1232年(貞永1)母を失い、額安寺で剃髪(ていはつ)。その後、唐招提寺(とうしょうだいじ)の覚盛(かくじょう)に戒律を学び、叡尊(えいぞん)に従って西大寺(さいだいじ)に住する。また北山宿(きたやましゅく)における救らいをはじめ、慈善救済に努めた。1247年(宝治1)には律書を遠く中国宋(そう)に求め、戒律の復興を図る。1252年(建長4)関東に下向、初め八田(はった)氏の外護(げご)を受け、常陸(ひたち)(茨城県)清凉(せいりょう)院に住し戒律を講じた。1262年(弘長2)叡尊の鎌倉での教化を契機に、北条重時(しげとき)一族の支援を受け、鎌倉極楽寺を中心に戒律の復興を図り、西大寺流の発展に尽くした。また非人の統制をはじめ、療病所や馬病舎を設けるなど、社会救済事業の推進を図るとともに、寺院経営、出版事業にも手腕を発揮し、「生身の如来(にょらい)」と称されたが、日蓮(にちれん)からは「律国賊」の張本として激しく排斥された。乾元(かんげん)2年7月12日、極楽寺において87歳で没。没後、後醍醐(ごだいご)天皇から忍性菩薩の称号を賜った。極楽寺、額安寺に五輪塔がある。[納冨常天]
『和島芳男著『叡尊・忍性』(1967・吉川弘文館) ▽中尾堯・今井雅晴編『重源 叡尊 忍性』(『日本名僧論集 第五巻』1983・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の忍性の言及

【小田氏】より

…本宗の小田氏および庶流の宍戸氏は鎌倉時代を通じて,常陸守護の任に就いた。4代の時知は,西大寺流律宗の忍性(にんしよう)を外護,1252年(建長4)一族の寺である,三村山清涼院極楽寺に忍性を迎え,以後10年にわたり,この地方は律宗の関東地方における拠点となった。筑波の峰続きの三村山を中心に,西大寺流の律宗の展開を示す石造物が多く現存している。…

【鎌倉[市]】より

…鎌倉仏教の興起と都市鎌倉は,やはり深い関連があったのである。特に鎌倉にとって重要な役割を果たした人物は,北条氏一族と結びついて鎌倉の西の入口極楽寺を本拠とし,社会事業や下層民の救済につくす一方では,和賀江島や由比ヶ浜一帯の管理者として活躍し,日蓮とするどい対決をくりかえした真言律宗の忍性(にんしよう)とその門弟たちであった。彼らは,幕府が十分に支配・統御できなかった鎌倉周縁部に生きた多くの人びとを政治的中心に結びつける回路でもあったと考えられるからである。…

【慈善事業】より

…この往生祈願のために貧者・非人供養を行うという浄土教の考えは貴族の間にも流行し,たとえば1027年(万寿4)の藤原道長の葬送に際しては,悲田院病者・六波羅蜜乞者(のちの清水坂非人)に米・魚・海藻などが施行されている。 しかし,中世における慈善事業の白眉ともいうべきは,非人を文殊菩薩の化身とみなすことでこれを供養した,西大寺叡尊や極楽寺忍性(にんしよう)を中心とする鎌倉時代後期の律僧の宗教的非人救済運動であろう。思円房叡尊は,1240年(仁治1)に大和額田部宿で非人供養を行ったのを皮切りに,大和・河内・和泉の諸非人宿において非人に施行をし,彼らに斎戒を授けてその日常生活をも統制することで非人供養を行った。…

【多田院】より

…のち頼光のほか河内源氏の頼信(誕生は多田館という)・頼義・義家が合祀され,源氏の菩提所となっていった。 鎌倉後期になると忍性(にんしよう)が幕府の援助で寺院を再興し,1281年(弘安4)に本堂供養が行われ,別当職は忍性に付せられた。以後当院は大和国西大寺(さいだいじ)の管轄となり,天台宗から真言律宗に変わる。…

【東征絵伝】より

…奈良時代に,日本に律宗を伝え唐招提寺の開祖となった唐僧鑑真(がんじん)の事績を描いた絵巻。鎌倉時代における南都旧仏教復興の機運を背景として,1298年(永仁6)鎌倉極楽寺の開山忍性が六郎兵衛蓮行なる画工に描かせ,本山唐招提寺に施入したことが奥書や端書によって知られ,現在5巻本として唐招提寺に所蔵されている。内容は,奈良時代末779年(宝亀10)に淡海三船(おうみのみふね)が撰した《唐大和上(とうだいわじよう)東征伝》に基づき,鑑真の孫弟子豊安の《鑑真和上三異事》をも参照して,和文化した詞書に絵をつけたもの。…

【文殊】より

…これら文殊会は律令国家の没落とともに衰退したが,13世紀には真言律宗によって再興された。鎌倉新仏教の進出に対し,律僧教団による旧仏教の再興を目ざす西大寺叡尊は,諸国を周遊し,貧病者救済の徹底した慈悲行を実践したが,その門弟忍性(にんしよう)は,深く文殊に帰依し,1240年(仁治1)額安寺西辺宿で文殊像供養の際,非人に布施を行った。この忍性の影響によって,西大寺教団は以後各地で文殊像供養と大規模な非人布施を実行した。…

【癩】より

…のちには天刑病ともいわれ,不治の業病とされた。光明皇后が癩者の膿を吸ったという伝説があり,鎌倉時代の僧忍性(にんしよう)は奈良の北山十八間戸(けんと)と鎌倉の極楽寺に癩宿をつくり,救癩活動を始めている。 江戸時代には癩は〈かったい〉と呼ばれ,社会から締め出された癩者は,四国や九州の霊場や寺院を遍歴・徘徊していた。…

※「忍性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

忍性の関連キーワード極楽寺坂慈善神奈川県鎌倉市極楽寺高湛順忍尊如智海南洲宏海北条業時極楽寺境内-忍性墓

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

忍性の関連情報