虚偽告訴の罪(読み)きょぎこくそのつみ

百科事典マイペディア「虚偽告訴の罪」の解説

虚偽告訴の罪【きょぎこくそのつみ】

人に刑事または懲戒処分を受けさせる目的で,虚偽申告等をする罪(法172条)。刑は3月以上10年以下の懲役。この申告は必ずしも告発告訴の形式をとる必要はない。自白による刑の減免がある。かつては誣告(ぶこく)罪と称した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android