コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蚊遣り かやり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蚊遣り
かやり

蚊いぶしともいう。カを追うためにいぶす煙。古くは平安初期に蚊火 (かひ) の名があり,また火を燃上がらせずに焚くところから,「蚊遣り火の」となると和歌では,「下」「底」「悔ゆ」などにかかる枕詞となり,一種の情緒の連想がある。スギの葉,ヨモギなどが用いられたが,蚊遣り香としてつくられたものは,除虫菊の花,葉,茎などを原料とする。渦巻形の香が多く,その器として粗陶で豚の形,茅屋の形につくったものなど,夏の生活の一風物をなしていたが,クーラー,電気蚊取り器などの発達により,現在ではあまり使われなくなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

か‐やり【蚊遣り】

蚊を追い払うために、草木の葉や木くずなどをいぶしたり、香をたいたりすること。また、そのいぶすもの。かいぶし。かやりび。 夏》「燃え立って貌(かほ)はづかしき―哉/蕪村

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かやり【蚊遣り】

煙でいぶして蚊を追いやること。また、そのために燃やすもの。かやりび。蚊いぶし。蚊ふすべ。 [季] 夏。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蚊遣りの関連キーワード蚊遣り線香蚊遣り木蚊遣り火蚊いぶし燻ぶる

蚊遣りの関連情報