蛇目傘(読み)じゃのめがさ

精選版 日本国語大辞典「蛇目傘」の解説

じゃのめ‐がさ【蛇目傘】

〘名〙 面を張った紙に、石突を中心として、蛇の目のように中を白く、周辺を黒・・赤などで太く輪状に塗った雨傘。江戸時代から広く用いられた。じゃのめのからかさ。じゃのめ。
浄瑠璃双蝶蝶曲輪日記(1749)四「悪鬼共が蛇の目傘、町一杯に肩肘厳つがましく表より」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android