コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇紋岩植物 じゃもんがんしょくぶつserpentine plant

世界大百科事典 第2版の解説

じゃもんがんしょくぶつ【蛇紋岩植物 serpentine plant】

蛇紋岩の化学的・物理的特性を反映し,蛇紋岩地帯には特殊な植物が生育することが知られているが,蛇紋岩地帯に限って生育する植物が蛇紋岩植物である。ここでいう蛇紋岩とは,変質した超塩基性岩のほか,カンラン岩などの超塩基性岩そのものも含めた広義のものをさす。日本の代表的な蛇紋岩地帯は,北海道の夕張岳,アポイ岳,岩手県の早池峰(はやちね)山,群馬県の至仏山,兵庫県の関宮,高知県の円行寺,愛媛県の東赤石山などである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android