コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛇紋岩植物 じゃもんがんしょくぶつserpentine plant

世界大百科事典 第2版の解説

じゃもんがんしょくぶつ【蛇紋岩植物 serpentine plant】

蛇紋岩の化学的・物理的特性を反映し,蛇紋岩地帯には特殊な植物が生育することが知られているが,蛇紋岩地帯に限って生育する植物が蛇紋岩植物である。ここでいう蛇紋岩とは,変質した超塩基性岩のほか,カンラン岩などの超塩基性岩そのものも含めた広義のものをさす。日本の代表的な蛇紋岩地帯は,北海道の夕張岳,アポイ岳,岩手県の早池峰(はやちね)山,群馬県の至仏山,兵庫県の関宮,高知県の円行寺,愛媛県の東赤石山などである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android