コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

関宮 せきのみや

2件 の用語解説(関宮の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

関宮
せきのみや

兵庫県中北部,養父市の北西を占め,氷ノ山山麓から円山川の支流八木川流域に広がる旧町域。1956年関宮村と熊次村が合体して町制。2004年八鹿町,養父町,大屋町の 3町と合体し養父市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

関宮
せきのみや

兵庫県北西部、養父(やぶ)郡にあった旧町名(関宮町(ちょう))。現在は養父(やぶ)市の北西部を占める一地区。1956年(昭和31)養父郡関宮村と美方(みかた)郡熊次(くまつぎ)村が合併して関宮町が成立。2004年(平成16)八鹿(ようか)、養父、大屋(おおや)の3町と合併、市制施行して養父市となる(なお、この合併により養父郡は消滅)。旧関宮町の町名は関神社に由来する。西部の鳥取県境には兵庫県の屋根といわれる氷ノ山(ひょうのせん)(須賀ノ山(すがのせん)、1510メートル)があり、ブナの原生林などの雄大な自然に恵まれ、絶滅の危機にある国指定天然記念物イヌワシなどが生息する。中心集落の関宮は、古代山陰道が通り、今日では国道9号が通じる。近年では高冷地蔬菜(そさい)の栽培に特色をもち、夏物ダイコン、キャベツなどの生産が多い。また、中世発見の中瀬(なかせ)鉱山が近年まで操業をしていたが1975年に閉山、いまでは日本精鉱の中瀬精錬所が立地しアンチモンの精錬を行っている。葛畑(かずらはた)の農村歌舞伎(かぶき)舞台は国指定の重要有形民俗文化財である。[吉田茂樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

関宮の関連情報