コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛋白同化ホルモン たんぱくどうかホルモンanabolic steroids

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蛋白同化ホルモン
たんぱくどうかホルモン
anabolic steroids

アナボリックステロイドともいう。合成ステロイドの一つで,蛋白質の同化 (吸収) をよくする働きをもつ。男性ホルモンには男性化作用のほかに蛋白同化作用があるが,この両作用を分離して,男性化作用を弱め,同化作用を強めたもの。その製品は筋肉をふやす効果があり,脂肪や水分はふやさない。早産児の発育促進,栄養障害の改善,創傷の治癒促進などに用いられる。 IOC医事委員会が発表したドーピング指定薬物のなかに,アナボリックステロイド系薬物として,スタノゾロールなど 16品目が含まれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

蛋白同化ホルモンの関連キーワード再生不良性貧血骨粗鬆症肥満療法ざ瘡

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android