コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーピング指定薬物 ドーピングしていやくぶつ

1件 の用語解説(ドーピング指定薬物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーピング指定薬物
ドーピングしていやくぶつ

ドーピング・コントロールに関する規則の一環として,具体的にリストアップされている薬物のこと。 1989年,IOCの医事委員会が発表したリストによれば,(1) 刺激 (興奮) 薬としてアンフェタミンカフェインなど 45品目,(2) 麻薬 (拮抗) 性鎮痛薬としてコデインモルヒネなど 19品目,(3) アナボリックステロイド剤としてナンドロロン,スタノゾロールなど 16品目,(4) β-遮断薬としてアテノロール,プロプラノロールなど9品目,(5) 利尿薬としてアセタゾラミドフロセミドなど 15品目,そのほかペプチドホルモンおよび類似物として胎盤性性腺刺激ホルモン副腎皮質刺激ホルモン成長ホルモンがリストされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドーピング指定薬物の関連キーワードコントローラーセルフコントロールドーピングコントロール反ドーピング日本アンチドーピング機構国際航空運送についてのある規則の統一に関する条約船荷証券に関するある規則の統一のための国際条約血液ドーピング (blood doping)遺伝子ドーピング (gene doping)アンチドーピング (anti-doping)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone