コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーピング指定薬物 ドーピングしていやくぶつ

1件 の用語解説(ドーピング指定薬物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーピング指定薬物
ドーピングしていやくぶつ

ドーピング・コントロールに関する規則の一環として,具体的にリストアップされている薬物のこと。 1989年,IOCの医事委員会が発表したリストによれば,(1) 刺激 (興奮) 薬としてアンフェタミンカフェインなど 45品目,(2) 麻薬 (拮抗) 性鎮痛薬としてコデインモルヒネなど 19品目,(3) アナボリックステロイド剤としてナンドロロン,スタノゾロールなど 16品目,(4) β-遮断薬としてアテノロール,プロプラノロールなど9品目,(5) 利尿薬としてアセタゾラミドフロセミドなど 15品目,そのほかペプチドホルモンおよび類似物として胎盤性性腺刺激ホルモン副腎皮質刺激ホルモン成長ホルモンがリストされている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone