ドーピング指定薬物(読み)ドーピングしていやくぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーピング・コントロールに関する規則の一環として,具体的にリストアップされている薬物のこと。 1989年,IOCの医事委員会が発表したリストによれば,(1) 刺激 (興奮) 薬としてアンフェタミンカフェインなど 45品目,(2) 麻薬 (拮抗) 性鎮痛薬としてコデインモルヒネなど 19品目,(3) アナボリックステロイド剤としてナンドロロン,スタノゾロールなど 16品目,(4) β-遮断薬としてアテノロール,プロプラノロールなど9品目,(5) 利尿薬としてアセタゾラミド,フロセミドなど 15品目,そのほかペプチドホルモンおよび類似物として胎盤性性腺刺激ホルモン,副腎皮質刺激ホルモン,成長ホルモンがリストされている。なお同リストには,ドーピング的な不正行為として (1) 血液ドーピング,(2) 薬理学的・化学的および物理学的不正操作も付記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android