コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドーピング指定薬物 ドーピングしていやくぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドーピング指定薬物
ドーピングしていやくぶつ

ドーピング・コントロールに関する規則の一環として,具体的にリストアップされている薬物のこと。 1989年,IOCの医事委員会が発表したリストによれば,(1) 刺激 (興奮) 薬としてアンフェタミン,カフェインなど 45品目,(2) 麻薬 (拮抗) 性鎮痛薬としてコデインモルヒネなど 19品目,(3) アナボリックステロイド剤としてナンドロロン,スタノゾロールなど 16品目,(4) β-遮断薬としてアテノロール,プロプラノロールなど9品目,(5) 利尿薬としてアセタゾラミドフロセミドなど 15品目,そのほかペプチドホルモンおよび類似物として胎盤性性腺刺激ホルモン副腎皮質刺激ホルモン,成長ホルモンがリストされている。なお同リストには,ドーピング的な不正行為として (1) 血液ドーピング,(2) 薬理学的・化学的および物理学的不正操作も付記されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ドーピング指定薬物の関連キーワードドーピング・コントロール蛋白同化ホルモン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android