コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀江の錦(読み)ショッコウノニシキ

デジタル大辞泉の解説

しょっこう‐の‐にしき〔シヨクカウ‐〕【×蜀江の錦】

《蜀江の水で糸を染めて織ったと伝えられるところから》古代中国の蜀の成都産の精巧な錦。緋地に黄・藍・緑などを交えて、連珠円または格子内に花文・獣文・鳥文などを配した文様のもの。また、主に明代に織られた、八角形の四方に正方形を連ね、中に花文・竜文などを配した文様のもの。蜀錦(しょっきん)。
京都の西陣などで、蜀江文を模して織り出した錦。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょっこうのにしき【蜀江の錦】

中国、蜀の国で製した赤地錦。日本に伝わり、法隆寺に残る。蜀錦しよつきん
明代、中国、四川省で製した錦。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる