コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀紅螺 ショクコウラ

デジタル大辞泉の解説

しょくこう‐ら【×蜀紅×螺】

ショクコウラ科の巻き貝。貝殻は球卵形で、殻高約7センチ。殻表に縦肋(じゅうろく)が並び、モザイク模様がある。大きな足をもち、刺激によって自切する。本州中部以南の暖海に分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくこうら【蜀紅螺】

海産の巻貝。殻高90ミリメートル、殻径60ミリメートルほどで、体層は丸くふくらむ。殻は褐色の地に淡色の帯や波状紋があり、美しいので観賞用とする。紀伊半島以南の暖海に分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報