蜀紅螺(読み)ショクコウラ

デジタル大辞泉の解説

しょくこう‐ら【×蜀紅×螺】

ショクコウラ科の巻き貝貝殻は球卵形で、高約7センチ。殻表に縦肋(じゅうろく)が並び、モザイク模様がある。大きな足をもち、刺激によって自切する。本州中部以南の暖海分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくこうら【蜀紅螺】

海産の巻貝。殻高90ミリメートル、殻径60ミリメートルほどで、体層は丸くふくらむ。殻は褐色の地に淡色の帯や波状紋があり、美しいので観賞用とする。紀伊半島以南の暖海に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜀紅螺 (ショクコウラ・ショッコウラ)

学名:Harpa major
動物。ショクコウラ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょくこう‐ら【蜀紅螺】

〘名〙 ショクコウラ科の巻き貝。紀伊半島以南の水深五~三〇メートルの砂底に分布。殻高約九センチメートル。殻表は強い光沢がある。螺層(らそう)は低く、殻口が大きいので全体として卵形を呈する。外表には褐色の地に白い波状模様があり、一二条内外の隆起した縦肋(じゅうろく)がある。蓋はない。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android