コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜀紅螺 ショクコウラ

デジタル大辞泉の解説

しょくこう‐ら【×蜀紅×螺】

ショクコウラ科の巻き貝貝殻は球卵形で、殻高約7センチ。殻表に縦肋(じゅうろく)が並び、モザイク模様がある。大きな足をもち、刺激によって自切する。本州中部以南の暖海分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくこうら【蜀紅螺】

海産の巻貝。殻高90ミリメートル、殻径60ミリメートルほどで、体層は丸くふくらむ。殻は褐色の地に淡色の帯や波状紋があり、美しいので観賞用とする。紀伊半島以南の暖海に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜀紅螺 (ショクコウラ・ショッコウラ)

学名:Harpa major
動物。ショクコウラ科の巻き貝

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蜀紅螺の関連キーワード褐色淡色巻貝海産

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android