コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蜜教 ミツオシエ

デジタル大辞泉の解説

みつ‐おしえ〔‐をしへ〕【蜜教】

キツツキ目ミツオシエ科の鳥の総称。アフリカ・南アジアに分布し、全長10~20センチで羽色は地味。ノドグロミツオシエは、ラーテルミツアナグマ)や人間に鳴きかけてミツバチに案内し、巣が壊されるのを待って幼虫や蜜蝋(みつろう)を食べる。他のキツツキ類に托卵(たくらん)する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

みつおしえ【蜜教】

キツツキ目ミツオシエ科の鳥の総称。全長10~20センチメートル。羽は灰色か緑灰色、くちばしは太く短く、脚の指は前後に二本ずつの対趾足たいしそく。人間やミツアナグマの注意をひいてミツバチの巣まで案内し、巣をこわし蜜を取って立ち去るのを待って幼虫・さなぎ・蜜蠟を食う習性がある。キツツキなど他の鳥の巣に托卵。アフリカ・南アジアの熱帯雨林に分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

蜜教 (ミツオシエ)

動物。ミツオシエ科に属する鳥の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

蜜教の関連キーワードみつろう熱帯雨林くちばし托卵動物蜜蝋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android