コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟄伏 チップク

デジタル大辞泉の解説

ちっ‐ぷく【×蟄伏】

[名](スル)
蛇・蛙・虫などが、冬の間地中にこもっていること。
表に出ずにこもっていること。ひそんでいること。
「暫く―していた理想や抱負が」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちっぷく【蟄伏】

( 名 ) スル
ヘビ・カエル・虫などが、冬に地中にこもっていること。
隠れひそむこと。とじこもっていること。 「人に蔑視せられて暗処に-するの事例少なからず/福翁百話 諭吉

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

蟄伏の関連キーワード帙・秩・窒・蟄福翁百話蟄竜地中

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android