季秋(読み)キシュウ

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐しゅう ‥シウ【季秋】

〘名〙 (「季」はすえの意) 秋のすえ。晩秋。秋三か月の最後の月。陰暦では九月をいう。《季・秋》
※家伝(760頃)下「至于季秋、毎与文人才子
御伽草子・鴉鷺合戦物語(室町中)「比は九月下旬なれば東山紅葉して、季秋その興を得たり」 〔礼記‐月令〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の季秋の言及

【立秋】より

…太陽暦では8月7~8日ころにあたり,暑さの峠である土用も立秋に明けて以後は暑くても暑中とはいわずに残暑という。詩歌では立秋より秋が歌われるが,7月を孟秋,8月を仲秋,9月を季秋として暦月の7~9月を秋とするのがふつうである。七十二候7月節〈一候涼風至る〉も同日である。…

※「季秋」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android