(読み)チツ

精選版 日本国語大辞典の解説

ちっ‐・す【蟄】

〘自サ変〙
① 虫が冬になって地中にこもる。
※太平記(14C後)四「潜龍は三冬に蟄(チッ)して、一陽来復の天を待つ」
② 世をのがれてひきこもる。隠れ住む。隠退する。
※歌舞伎・貞操花鳥羽恋塚(1809)六立「身を蟄(チッ)し、時節を窺ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android