コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹江太郎介 かにえ たろうすけ

1件 の用語解説(蟹江太郎介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蟹江太郎介 かにえ-たろうすけ

1823-1866* 江戸時代後期の武士。
文政6年生まれ。陸奥(むつ)仙台藩士。御所守護のため京都へいき,各藩の尊攘(そんじょう)派とまじわる。帰藩後,執政但木(ただき)土佐の政策に反対して油井順之輔らと前執政芝多民部の復帰をはかるが,計画が発覚して慶応元年12月11日処刑された。43歳。名は時幾。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

蟹江太郎介の関連キーワードシーボルト科学史英学荘厳ミサ曲木村嘉平ロゼロ菅野序遊白河藩シーボルトシーボルト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone