蠢爾(読み)しゅんじ

精選版 日本国語大辞典「蠢爾」の解説

しゅん‐じ【蠢爾】

〘名〙 (形動タリ) 小虫などのうごめくさま。転じて無知な者やとるに足りない者がうごめきさわぐさま。
※凌雲集(814)奉和傷右衛大将軍故宿禰〈小野岑守〉「蠢爾蝦夷不乱、羽書力斗月夜伝」
※真善美日本人(1891)〈三宅雪嶺〉日本人の本質「蠢爾として動き、雑然として群がる」 〔詩経‐小雅・南有嘉魚之什采

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「蠢爾」の解説

しゅん‐じ【××爾】

[ト・タル][文][形動タリ]小さな虫がうごめくさま。転じて、取るに足りない者たちがうようよと集まり騒ぐさま。
「実に―たる野獣の域を脱却し」〈秋水・社会主義神髄〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android