社会主義神髄(読み)シャカイシュギシンズイ

デジタル大辞泉 「社会主義神髄」の意味・読み・例文・類語

しゃかいしゅぎしんずい〔シヤクワイシユギシンズイ〕【社会主義神髄】

評論幸徳秋水著。明治36年(1903)刊。科学的社会主義理論運動を紹介したもので、明治期社会主義の理論的礎石となった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「社会主義神髄」の意味・読み・例文・類語

しゃかいしゅぎしんずいシャクヮイ‥【社会主義神髄】

  1. 評論。幸徳秋水著。明治三六年(一九〇三)刊。筆者社会主義者としての立場から、社会主義とマルクスエンゲルス思想大要解説・紹介した書。刊行当時、日本ではじめて史的唯物論を消化した書とされ、力強い名文で、社会主義運動の普及に画期的な役割を果たした。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「社会主義神髄」の意味・わかりやすい解説

社会主義神髄
しゃかいしゅぎしんずい

幸徳秋水(こうとくしゅうすい)著。1903年(明治36)7月朝報社より刊行。社会主義とは何か、という問いに答えて明治社会主義の理論的礎石を据えた記念碑的著作。英文啓蒙(けいもう)書やマルクス、エンゲルスの英訳本をもとに「稿を代ふること十数回、時を費す半年の久しき」すえに成った。「貧困の原由」から説き起こし、資本主義社会矛盾を指摘して社会変革の必然の法則を導き出し、社会主義に向けられた非難誤解に対して反駁(はんばく)を加える。ついで空想的社会主義から科学的社会主義への発展を粗描して現時の社会党の運動方法を論じるが、それは著者がのちに否定した議会主義、普選運動であった。初めて本書で科学的社会主義の大綱が紹介された。

[荻野富士夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「社会主義神髄」の意味・わかりやすい解説

社会主義神髄
しゃかいしゅぎしんずい

幸徳秋水著。 1903年刊。これは片山潜著『我社会主義』とともに社会主義の啓蒙期において社会主義理論の最高水準を示したものである。『資本論』『共産党宣言』『空想より科学へ』などを参照して科学的社会主義理論のパノラマを描き,資本主義社会の解体にいたる過程を展望している。なお労働者階級の組織的革命運動ではなく,志士仁人というパーソナルな革命主体を構想していることは,幸徳の思想的限界というよりも,この時期の労働者階級の未成熟に起因するとみるべきであろう。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版 「社会主義神髄」の解説

社会主義神髄
しゃかいしゅぎしんずい

明治後期,幸徳秋水の著書
1903年刊。マルクス主義の大綱をまとめ,7版を重ねた。明治社会主義の代表的労作。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典(旧版)内の社会主義神髄の言及

【幸徳秋水】より

…1901年4月の処女出版《廿世紀之怪物帝国主義》では偏狭な愛国心と野蛮な軍国主義を批判し,5月には安部磯雄,木下尚江らと最初の社会主義政党である社会民主党を結成,7月人心の腐敗防止をめざした理想団の形成に参加,さらに12月足尾鉱毒事件に奔走する田中正造の依頼で直訴文を起草するなど,多彩な活動を展開する。社会変革の必然の法則を把握し,社会主義のめざすべき方向とその実現の方法を論じた03年7月刊の《社会主義神髄》は初期社会主義の記念碑的著作となった。10月日露開戦論に転じた《万朝報》を堺利彦とともに退社,11月平民社を興して週刊《平民新聞》を創刊し,戦争反対の立場を鮮明にして帝国主義戦争の本質をついた。…

※「社会主義神髄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android