コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠣ノ浦島 かきのうらしま

2件 の用語解説(蠣ノ浦島の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔長崎県〕蠣ノ浦島(かきのうらしま)


蛎ノ浦島(かきのうらしま)

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かきのうらじま【蠣ノ浦島】

長崎県西部,西彼杵(にしそのぎ)半島の北西沖合に浮かぶ島。西彼杵郡崎戸町を形成する4島の中の主島である。面積4.84km2,人口1691(1995)。1907年海底炭田崎戸炭鉱が開発され,最盛期には年間100万t以上を出炭したが,エネルギー革命により1968年に閉山した。現在の産業は漁業のほか,1956年に始まった製塩業である。これは当初は石炭産業副産物として誕生したが,今はイオン交換膜法による製塩工場に生まれ変わっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone