コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蠣ノ浦島 かきのうらしま

世界大百科事典 第2版の解説

かきのうらじま【蠣ノ浦島】

長崎県西部,西彼杵(にしそのぎ)半島の北西沖合に浮かぶ島。西彼杵郡崎戸町を形成する4島の中の主島である。面積4.84km2,人口1691(1995)。1907年海底炭田の崎戸炭鉱が開発され,最盛期には年間100万t以上を出炭したが,エネルギー革命により1968年に閉山した。現在の産業は漁業のほか,1956年に始まった製塩業である。これは当初は石炭産業の副産物として誕生したが,今はイオン交換膜法による製塩工場に生まれ変わっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

蠣ノ浦島の関連キーワード崎戸[町]蛎ノ浦島

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android