コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行信(1) ぎょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行信(1) ぎょうしん

?-? 奈良時代の僧。
元興(がんごう)寺で法相(ほっそう)をまなぶ。天平(てんぴょう)9年(737)法隆寺に聖徳太子筆「法華義疏」などを寄進し,のち同寺東院伽藍(がらん)を復興,大僧都にのぼる。法隆寺夢殿にその乾漆座像が現存。下野(しもつけ)(栃木県)薬師寺に流された行信と同一人物とする説もある。著作に「仁王般若経疏」「最勝王経音義」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

行信(1)の関連キーワード奈良時代

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android