行応玄節(読み)ぎょうおう げんせつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行応玄節 ぎょうおう-げんせつ

1756-1831 江戸時代中期-後期の僧。
宝暦6年3月21日生まれ。伊予(いよ)(愛媛県)の人。豊前(ぶぜん)中津(大分県)の臨済宗(りんざいしゅう)自性寺の提州禅恕(たいしゅう-ぜんにょ)にまなび,京都で峨山慈棹(がざん-じとう)の法をつぐ。寛政6年伊予竜潭(りゅうたん)寺,享和2年等覚寺の住持となった。天保(てんぽう)2年11月20日死去。76歳。俗姓は井上。諡号(しごう)は心鑑慈照禅師。著作に「心鑑録」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android