コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行方久兵衛 なめかた きゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行方久兵衛 なめかた-きゅうべえ

1616-1686 江戸時代前期の武士。
元和(げんな)2年生まれ。若狭(わかさ)(福井県)小浜(おばま)藩士。三方(みかた)郡奉行在任中の寛文2年,大地震で冠水した三方五湖周辺の復旧のため,浦見坂に排水路をつくることを提案。2年がかりの工事で浦見川を完成させ,新田300haを生みだした。勘定奉行,関東組者頭をつとめた。貞享(じょうきょう)3年8月死去。71歳。名は正成。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

行方久兵衛

没年:貞享3(1686)
生年:元和2(1616)
江戸前期の若狭国(福井県)小浜藩士。水没した三方五湖周辺地域救済のため浦見坂を開削した。名は正成。寛永7(1630)年中小姓並で出仕の後,同20年家督,140石。作事奉行を経て万治2(1659)年郡奉行。寛文2(1662)年の大地震で三方五湖周辺が冠水したため,普請奉行梶原重安と共に排水路の開削に着手,翌年勘定奉行に転じたが工事を続け,人夫22万人,費用1700両かけて同4年完成。「掘かけてとおらぬ水の恨こそ行方故のしハさなりけり」などと非難中傷される難工事であったが排水に成功,400石の新田が出来た。延宝6(1678)年三方郡金山村新田御用加役,天和1(1681)年致仕。<参考文献>須磨千穎「行方久兵衛」(『若越山脈』4巻)

(隼田嘉彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

行方久兵衛の関連キーワード形而上学叙説小田原藩ビジャープール王国吉田半兵衛行方久兵衛ドルチ三方五湖室鳩巣江戸時代(年表)カルロ ドルチ

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android