コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行真 ぎょうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行真 ぎょうしん

?-? 平安時代中期の僧。
藤原道長の次男で,俗名は顕長(あきなが)。俗世をきらって出家し,比叡(ひえい)山の増賀(ぞうが)から戒をうける。大和(奈良県)多武峰(とうのみね)で天台をおさめ,比叡山で「摩訶止観(まかしかん)」を講じたという。道長の子に顕長は実在せず,3男顕信の出家に関する伝承とおもわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

行真

生年:生没年不詳
平安中期の天台宗の僧。藤原道長の第2子で俗名を顕長といい,馬頭を務めたが,道長のすすめる結婚による妻帯在俗を嫌い出家し,比叡山に入る。増賀に従って多武峰(奈良県桜井市)に移り,のちに比叡山で『摩訶止観』(天台宗の重要典籍)を講じたと伝えられる。しかし,道長の子に顕長は実在せず,第3子の右馬頭顕信に関する伝承とみられる。<参考文献>三木紀人『多武峰ひじり譚』

(岡野浩二)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

行真の関連キーワード神道五部書覚法法親王後白河天皇毛利高範宇土藩大井荘

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行真の関連情報