コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行遍 ぎょうへん

1件 の用語解説(行遍の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

行遍 ぎょうへん

1181-1265* 鎌倉時代の僧。
養和元年生まれ。京都仁和(にんな)寺で真言をまなび,道法法親王から灌頂(かんじょう)をうける。宝治(ほうじ)2年大僧正,東寺一長者,護持僧。同年高野山の本末騒動の責任をとわれ,東寺長者および兼任の高野山大伝法院座主(ざす)職をとめられた。文永元年12月15日死去。84歳。号は尊勝院,菩提院。著作に「参語集」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典内の行遍の言及

【宣陽門院】より

…その後,女院は近衛家実の女長子を養子とし,26年(嘉禄2)入内させて後堀河天皇の中宮にするなど,家実と結んで政局に介入,九条道家と競ったが敗退し,長子は29年(寛喜1)院号宣下,鷹司院と称した。 女院はすでに16年(建保4)信頼する仁和寺菩提院の行遍を通じ,別当三位家領阿波国宍咋荘を高野山蓮華乗院に寄進していたが,政争に敗退後,行遍への信任を強め,38年(暦仁1)庁分大和国平野殿荘,翌39年(延応1)別当三位家領伊予国弓削島荘を東寺に,同じく周防国秋穂二嶋荘を菩提院に寄進,東寺に供僧設置をはかる長者行遍を援助した。その後も女院は仏舎利,経論,仏像を西院御影堂に寄せ,42年(仁治3)安芸国新勅旨田,翌年,備前国鳥取荘を寄進,東寺に心を傾けた。…

※「行遍」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

行遍の関連キーワード養和旭烈兀土御門院小宰相旭烈兀足利俊綱鴨長明城資永平盛俊藤原邦綱城資永

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone