コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

護持僧 ごじそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

護持僧
ごじそう

御持とも書く。天子加護のために特設された加持祈祷僧職桓武天皇のとき初めて設置され,その後,天台,真言の高僧を選んでこれに任じた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の護持僧の言及

【加持祈禱】より

…つぎに祈禱については仏教・陰陽道の伝来によりさまざまの公的行事が成立した。とくに御斎会(みさいえ)・仁王(にんのう)会・維摩会の南都三大会,興福寺法華会・法勝寺大乗会・円宗寺最勝会の北京三大会などは勅修による恒例祈禱行事の代表的なものであるが,もっぱら天皇個人の安穏のため祈禱に当たる護持僧は平安朝に始まり,延暦寺,園城寺,東寺の高僧から選ばれ,恒例・臨時に作法を修した。はじめ1人であったが,鎌倉期には6~7人となり,交代して長日不断の祈禱を勤め,延暦寺は如意輪,園城寺は不動ないし如意輪,東寺は普賢を本尊とした。…

※「護持僧」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

護持僧の関連キーワード聖護院宮道寛法親王聖護院宮道晃法親王尊守法親王(1)妙法院覚胤法親王増賞入道親王尊宝入道親王義延入道親王教仁入道親王静仁法親王良弘(1)実海(1)最助法親王尊助法親王道順(1)良信(1)道禅(1)道乗(2)良勝(1)増基(2)尊覚法親王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android