コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

術前化学放射線療法 ジュツゼンカガクホウシャセンリョウホウ

2件 の用語解説(術前化学放射線療法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅつぜん‐かがくほうしゃせんりょうほう〔‐クワガクハウシヤセンレウハフ〕【術前化学放射線療法】

癌(がん)の切除手術の前に、抗癌剤による化学療法放射線療法を行うこと。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

術前化学放射線療法
じゅつぜんかがくほうしゃせんりょうほう
preoperative chemoradiotherapy

(がん)の摘除術前に補助的に行われる化学療法(抗癌薬治療)や放射線療法。術前補助化学放射線療法ともいう。術前化学療法(ネオアジュバント療法)を単独で行う場合もあるが、放射線療法と組み合わせることにより治療効果はさらに高まるとされる。癌病変部をできる限り縮小させることにより手術で病変部を残さず摘除することが可能になり、術後の再発や転移の確率が低下する。また、手術では取り除けない微小な遠隔転移巣にも有効に働くと考えられており、さらに治療効果が高まることが期待される。この補助療法そのものが明らかな治療効果を示すこともあり、その場合には摘除せずに治療を続けて経過をみることもある。一方で、摘除術までに時間を要するため、補助療法に顕著な効果がみられない場合には転移が進む危険性もある。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

術前化学放射線療法の関連キーワードアルキル化剤制癌剤クレスチン抗癌剤パイプカット日帰り手術点眼麻酔膵切除がんの病期による外科療法の割合靭帯切離術 (desmotomy)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone