コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

術後偽膜性腸炎 じゅつごぎまくせいちょうえん postoperative pseudomembranous enterocolitis

1件 の用語解説(術後偽膜性腸炎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

術後偽膜性腸炎
じゅつごぎまくせいちょうえん
postoperative pseudomembranous enterocolitis

ことに腹部手術の前に広域性抗生物質を使用した場合,術後に生じることの多い腸炎である。小腸と大腸の粘膜表面に滲出物による偽膜を形成する。激しい下痢,発熱,腹痛,吐き気,嘔吐,頻脈,循環性虚脱などが突然現れて急速に進行し,短時間のうちに死亡することがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

術後偽膜性腸炎の関連キーワード抗生物質腹部外科マクロライド系抗生物質セフェム系抗生物質アミノグリコシド系抗生物質ベータラクタム系抗生物質ワックスマン抗真菌性抗生物質広域抗生物質抗菌性抗生物質

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone