コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛夫人 えいふじん Wèi fū rén

1件 の用語解説(衛夫人の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

えいふじん【衛夫人 Wèi fū rén】

中国,晋の書家。名は鑠(しやく),字は茂猗(もい),衛恒の姪,汝陰太守李矩の妻。後漢の蔡邕(さいよう)の娘の蔡琰(さいえん)から書法を受けたといい,鍾繇(しようよう)の筆法を学んだともいう。正,行,篆,隷の各体にすぐれ,その書風は〈美女が台に登り,仙娥が影を弄(もてあそ)ぶ〉ようだと評される。書聖と仰がれる王羲之は幼少のとき衛夫人に師事したと伝えられる。有名な《筆陣図》が衛夫人の作とされているが,これは別人の偽託であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

衛夫人の関連キーワード徐弘基盧象昇松本龍澤顔桃陵虞集王羲之王導孫過庭二王岳玉淵

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

衛夫人の関連情報