コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

衛夫人 えいふじんWèi fū rén

世界大百科事典 第2版の解説

えいふじん【衛夫人 Wèi fū rén】

中国,晋の書家。名は鑠(しやく),字は茂猗(もい),衛恒の姪,汝陰太守李矩の妻。後漢の蔡邕(さいよう)の娘の蔡琰(さいえん)から書法を受けたといい,鍾繇(しようよう)の筆法を学んだともいう。正,行,篆,隷の各体にすぐれ,その書風は〈美女が台に登り,仙娥が影を弄(もてあそ)ぶ〉ようだと評される。書聖と仰がれる王羲之は幼少のとき衛夫人に師事したと伝えられる。有名な《筆陣図》が衛夫人の作とされているが,これは別人の偽託であろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

衛夫人の関連キーワード原田 熊雄衛夫人字

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android