衛戍病院(読み)エイジュビョウイン

大辞林 第三版の解説

えいじゅびょういん【衛戍病院】

旧陸軍で衛戍地に設けていた病院。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

えいじゅ‐びょういん ヱイジュビャウヰン【衛戍病院】

〘名〙 旧陸軍の衛戍地に設置され、その地域の陸軍部隊の患者の治療、衛生材料の保管、供給、衛生部下士の教育などを行なった所。
※風俗画報‐七四号(1894)人事門「東京衛戍病院にては予てより患者の入院せるもの多きに加へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の衛戍病院の言及

【衛戍】より

…そのほか衛戍司令官は軍の関与する儀式,礼式,祭典などにおいては秩序維持,儀仗,礼砲など必要な措置をとる義務があった。衛戍地にある陸軍の病院,監獄を衛戍病院,衛戍監獄(後に衛戍刑務所,同拘置所)と称した。 衛戍は日本独自のものでなく外国にも存在する。…

※「衛戍病院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android